アニメの感想や考察を書くブログ

アニメの感想。

アニメレビュー

僕だけがいない街の感想

投稿日:

僕だけがいない街の管理人の感想と評価をご紹介。
ネタバレ無しとネタバレありの2パターンで掲載してます。

僕だけがいない街の評価

ジャンル サスペンス、ミステリ
管理人の評価 5 /5点
コメント サスペンスアニメの名作。緊張感のあるストーリーで没入感がすごく、余裕で一気見できる。
放送時期 2016年1月~3月(全12話)

僕だけがいない街のストーリー

自分の周囲で何らかの事件が起こると、事件発生前に時間が巻き戻る『リバイバル(再上映)』に悩まされる青年・藤沼悟が、自らの過去と対峙し、もがく姿を描く時間逆行サスペンス。

僕だけがいない街の感想(ネタバレなし)

前情報なしで見たアニメでしたが、めちゃくちゃ面白く、当ブログの最高評価5をつけました。

緊張感のある展開が多く、タイプとしては約束のネバーランドなんかに似てます。
常に続きが気になって、気がつけば一気に全話見てました。

いわゆるループモノに近いですが、同じ展開を何度も繰り返す訳ではないので、ダレることはなかったですね。

サスペンス・推理モノが好きな人にはめちゃくちゃおすすめ。
没入感が高いので作業用には向かず、休みの日に映画感覚で見るのがいいと思います。

僕だけがいない街(ネタバレあり)

後日、追記予定。

-アニメレビュー
-,

Copyright© アニメの感想。 , 2022 All Rights Reserved.