アニメの感想や考察を書くブログ

アニメの感想。

アニメレビュー

となりの吸血鬼さんの感想

投稿日:

となりの吸血鬼さんの管理人の感想と評価をご紹介。
ネタバレ無しとネタバレありの2パターンで掲載してます。

となりの吸血鬼さんの評価

ジャンル ほのぼの、コメディ
管理人の評価 2 /5点
コメント 吸血鬼と人間の異種間交流を描いたほのぼのアニメ。面白い設定も多々あるが、主人公の短絡さが個人的にちょっときつい。
放送時期 2018年10月~12月(全12話)

となりの吸血鬼さんのストーリー

主人公・天野灯はひょんなことからソフィー・トワイライトという吸血鬼の女の子に助けられ、一目でソフィーを気に入ってしまう。

灯は彼女の家に押し掛け、半ば強引に同居を始めることになる。

ソフィーは吸血鬼だが、人間を襲うようなことはなく、
通販で血液や趣味のアニメグッズを購入している現代的で庶民的な生活をしていた。
イマドキ吸血鬼さんとの同居コメディ!

となりの吸血鬼さんの感想(ネタバレなし)

吸血鬼と人間の異種間交流を描いたほのぼのコメディです。
百合要素もほんのりあります。

ほのぼの系ながら物語を動かすため(?)主人公の行動や思考が変わっているのですが、
それがちょっとぶっ飛んでるというか短絡的すぎて
個人的にきついなと思うことが何度かありました。
7話で一旦見るのをやめていたこともあり、評価は2としました。

ヒロインである吸血鬼のソフィーがどこまでもいい子なので、
どの回も結果的にはイイハナシダナーっぽくまとまってはいます。

吸血鬼が食事である血液をAm◯zon風の通販で買っていたり
現代を生きる吸血鬼を描いている部分は素直に面白いですし、
可愛い女の子が仲良くしている雰囲気は素直に好きです。

となりの吸血鬼さんの感想(ネタバレあり)

後日、追記予定。

-アニメレビュー
-,

Copyright© アニメの感想。 , 2022 All Rights Reserved.