医療事務の資格取得を目指す人のための指南サイト

猫と学ぶ医療事務

資格について

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク®)について

投稿日:

昭和49年から一般財団法人 日本医療教育財団が実施している認定試験です。

40年を超える歴史があり、医療事務業界で最もポピュラーかつスタンダードな資格と言えます。

医療事務に必要な知識を問う学科試験、受付業務に必要な患者接遇に関する実技Ⅰ、レセプト点検の実技Ⅱからなります。

合格すればメディカルクラークの称号が付与されます。

 

受験概要

試験形式と試験時間

2つの実技試験と1つの学科試験からなっていて、それぞれに時間が決められています。

実技Ⅰ 患者接遇
記述式/2問
50分
学科 医療事務知識
択一式/25問
60分
実技Ⅱ レセプト点検
記述式/4問
70分

 

受験資格

特にありません。

 

受験料

7,500円(税込)

 

試験会場

各都道府県の公共施設等

 

試験日程

毎月1回実施されています。

基本的に第4土曜日となっています。

 

合格ラインと試験科目免除制度

学科・実技Ⅰ・実技Ⅱのすべての得点率が70%に達した時点で合格になります。

また合格できなかった場合でも、得点率70%に達した科目は6ヶ月間に限り受験が免除となる『試験科目免除制度』があります。

 

合格率

公表はされていませんがおよそ50%とされています。

 

試験日から約1ヶ月後に郵送で通知され、その約1ヶ月後に合格証書が交付されます。

 

試験内容・出題範囲

実技Ⅰの出題範囲

受付業務に必要な患者接遇やマナーについての問題が2問、記述式で出題されます。(50分)

この資格試験において唯一資料の持ち込みができない試験です。

ポイント

  • 医事課患者応対

 

学科の出題範囲

医療事務の知識に関する問題が25問、択一式で出題されます。(60分)

出題範囲

  • 医療保険制度
  • 高齢者医療制度
  • 公費負担医療制度
  • 介護保険制度
  • 医事法規一般
  • 医事業務
  • 診療報酬請求業務
  • 医学一般
  • 薬学一般
  • 診療録(カルテ)

主に医療事務や医療従事者にとって必要な知識に関する問題となっています。

 

実技Ⅱの出題範囲

実技Ⅱは4つのレセプト点検問題が出題されます。(70分)

ポイント

  • 診療報酬請求事務

4組のカルテとレセプトを見比べ、レセプトで誤りのあるところを修正する試験です。

 

-資格について

Copyright© 猫と学ぶ医療事務 , 2018 All Rights Reserved.